ドコモ回線を格安SIMと同等価格で使用する方法は?ahamoプランを含めて検討する

新しい契約プランの「ahamo」を発表したけど、ドコモを契約すると通信料金は安くなる?

今ドコモを使っているけど契約プランを見直して何とか安くならないかな。

ドコモを契約されている方の中には、使わないオプションなどを契約させられ高額料金を払っているケースも。

今回、15年間ドコモユーザーの私がドコモ通信プランの概要と通信料金を安くする方法をまとめます。

・これからドコモを検討している方

・すでにドコモを使用していて通信料金を抑えたいと思っている方

に下記をご紹介します。

目次

ドコモ通信プランは大きく分けて3つ

はっきり言ってドコモは通信プランが複雑です。

長年ドコモを使用していても、定期的に情報を入手しないとすぐにプラン内容が分からなくなるほど。

2021年4月開始のプランを含め簡単にまとめると下記です。

①ahamo…動画をそこそこ見る人、ドコモのサポートがいらない人

②(5G)ギガホ(プレミア)…動画をたくさん見たり、テザリングする人

③(5G)ギガライト…データをあまり使わない人

①~③のプランを細かく見ていくと、下記になります。

【~2021年3月】

通信プラン月額料金データ通信量
ギガホ3,980円~60GB
5G ギガホ4,480円~無制限
ギガライト1,980円~3,980円1GB~7GB
5G ギガライト1,980円~3,980円1GB~7GB

【2021年4月~】

通信プラン月額料金データ通信量無料通話時間キャリアメール
ahamo2,980円20GB5分×
ギガホ プレミア4,380円~60GBオプション対応
5G ギガホ プレミア4,480円~無制限オプション対応
ギガライト 1,980円~3,980円1GB~7GBオプション対応
5G ギガライト 1,980円~3,980円1GB~7GBオプション対応

※無料通話オプション内容

音声オプション月額料金サービス内容
かけ放題オプション1,700円国内通話かけ放題
5分通話無料オプション700円<国内通話>
5分以内:無料
5分超過分:30秒あたり20円

これまでは、主に

ギガホ

ギガライト

の2つのラインナップだったのが、

今回新しく中間ラインナップとして「ahamo」が入ったイメージですね。

ahamo(データ通信量20GB)

2020年12月、突如発表されたプラン。

月額料金2,980円/月、データ通信使用量20GB、通話5分無料というまさにちょうどよいプランです。

デメリットは、

・契約がオンライン限定

・キャリアメールが使えない

などであり、メインターゲットはデジタル機器を使い慣れた若者だそう。

WEBでドコモの契約内容変更や端末購入等ができる人ならまったく問題ないと思います。

ギガホ(データ通信量60GB~)

データ通信量が多い人向けのプラン。

スマートフォンで動画を頻繁に見たりする人はこのプランが最適。

30GBがデータ通信量の上限ですが、この通信容量を使い切ったとしても1Mbpsのスピードで通信できるので、YouTube等の動画も何とか見ることができます。

ギガライト(データ通信量1~7GB)

データ通信量が少ない人向けのプラン。

家ではWiFiを使用しており、外では動画を見たりインターネットをしないという方には最適のプラン。

ドコモ通信料金を安くするには割引をフル活用すべき

ドコモ通信料金は高いと思われがちですが、通信料金を下げる方法もたくさんあります。

また、長年使用していたり、子供がいるとボーナスポイントももらえ、これらを合算するとかなりの割引額に。

みんなドコモ割ドコモ光セット割dカードお支払い割ファミリー割引
割引金額~1,000円/月~1,000円/月170円/月国内通話無料

主なそれぞれの割引内容を下記していきます。

みんなドコモ割、ドコモ光セット割は割引額が大きい

ドコモを使う人が多いほどおトクに!同居していないご家族でも割引対象になります
ファミリー割引グループの画像

家族や親戚がドコモを契約している場合は、ぜひドコモ割のグループに入ってもらいましょう。

ギガホを契約していれば、3回線グループに入ってもらうと1,000円/月が割り引かれます。

家族や親戚で自宅にネット回線を引きたがっている人がいる場合もチャンス。

可能であればドコモ光の契約もオススメです。

dカードお支払い割は割引額少ないがぜひやっておこう

dカードを申込み 定期クレジット 月額料金が割引

利用料金をドコモ発行のクレジットカード(dカード/dカードGOLD)で支払うと月額料金が割引されます。

dカードを持っている人は支払い設定しておきましょう。

別の方法として、dカードで支払わなくても2年定期契約すればdカードお支払い割と同額が割引になるので、dカードを持っていない人はこちらを選ぶのも良いかもしれません。

1ポイント=1円相当のdポイントももらう方法あり

いつものあのお店でつかえる

割引の他にも、ドコモが発行するdポイントをもらう方法があります。

dポイントはコンビニやドラッグストアで「1ポイント=1円」として使用でき、使いやすいポイントです。

子育て応援プログラムずっとドコモ特典dカードGOLD
dポイント付与3,000ポイント/年~3,000円/年通信料金の10%
(通常は1%)

子育て応援プログラム(子供1人あたり3,000ポイント/年)

お申込み無料!小学生以下のお子さまがいるご家族へ。特典1 毎年お誕生日月に3,000ポイント(期間・用途限定)をプレゼント。特典2 dフォトが最大13か月間無料!毎月1冊フォトブックが無料で作れる!特典3 クラウド容量オプション プラス50GBが小学校卒業まで無料!思い出をクラウドに保存。特典4 dキッズが最大13か月間無料!学ぶ・楽しめる、知育アプリが無料!

子供がいる場合、登録しておくと毎年子供1人あたり、dポイントを3,000ポイントもらえます。

<注意事項>
1回線につき、1人の子供しか登録できません。

例えば、夫婦でどちらか1人しかドコモと契約していなければ、子供1人しかプログラムに登録できません。

1家庭につき、最大2人の子供までしか登録できないということです。

2年間使用後のボーナスポイント取得(3,000ポイント/年)

ドコモには契約年数や利用金額に対しdポイントクラブのステージが用意されています。

一番上位のステージ(プラチナステージ)であれば、dポイントを3,000ポイント/年をもらえます。

dカードGOLDの活用(通信料金の10%還元+携帯紛失時の3年間補償)

dカード GOLDとポインコデザインカード

dカードGOLDを持っていれば、通信料金の10%がdポイント還元されます。

dカードGOLDの年会費は10,000円/年、なので通信料金が10,000円以上であれば持っていた方が単純にお得ですね。

家族カード2枚目の発行も無料なので、結婚している方はパートナーがドコモ回線だと無料で10%還元を受けられます。

また、dカードGOLDには携帯紛失、全損時の補償(端末購入時から3年間、上限10万円)も付帯しています。

・携帯を落として壊してしまった

・携帯をどこかに置き忘れてしまった.

こんな時もdカードGOLDを持っていれば、新規端末の購入費用を10万円上限に補償してくれます。

ドコモ回線は通信品質やサービスが充実している

通信電波が安定している

通信電波が安定していることは重要です。

田舎の山奥へ行っても電波が届くのは安心。

通信スピードも文句無しです。

キャリアショップ(ドコモショップ)が町中にある

ドコモショップが町中どこでもあり、サポートがいつでも受けられるというのは人によってはメリット。

ドコモショップに行かずに端末の購入、データの移行ができる人にはあまりメリットはありません。

ドコモ回線のデメリットは高い通信料金だった

家族割や光セット割などの条件が揃わないと月額料金が高いこと。

これがドコモの最大の弱点でした。

そのため、単身世帯や若い人の新規契約が減っていき、新規契約数はau、ソフトバンクに次ぐ3位へ転落。

ただ、2020年12月に発表したahamoによって、ドコモは今までドコモを敬遠していた若い世代に新規契約してもらおうと考えているに違いありません。

条件が揃えばドコモは格安SIM同等レベルの価格

今回はドコモを検討している人や、ドコモユーザーの人で通信料金を抑えるのはどんな方法があるかということを紹介してきました。

今までは通信費節約の方法として、

三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は解約して格安SIMを登録しよう!

という節約方法をよく聞いたと思います。

ただ、今回の通信割引方法を全て適用すると、

ギガホプレミア(60GB) → 3,880円/月

で使用することができます。

また、新プランの「ahamo」を契約すると、「20GBで2,980円/月」と格安SIMの需要を奪ってしまうような価格設定になっています。

今後も携帯各社の新プランが次々と発表されると思いますが、ドコモを検討している、既に使用している人に今回の記事が参考になればうれしいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名古屋在住の30代サラリーマン。知識をつけることで生活費を節約できることに気づき、今は日々の仕事に追われながら通信費用を中心とした節約情報を収集、発信中。発信内容は専門的な内容でなく誰にも分かりやすい形で発信することを心掛けています。

コメント

コメントする

目次
閉じる